journal

メイン

<< previous next >>  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  | all

August 10, 2005

サッカー東アジア選手権 韓国対日本 0-1
梅本洋一

 中澤の左足アウトサイドに当たったボールが、韓国キーパーの股間からゴールネットに突き刺さったとき、このゲームは決まった。フットボールの勝負とはポゼッションでもシュート数の差でもなく、単にゴールの数だ。もちろんポゼッションが高く、シュートの数が多ければ、勝つ確率は上がるが、実際に勝つわけではない。  ベタ押しの韓国がゲームに勝てなかったのは、シュートが入らなかったことと、この日のキーパー土肥が当たっ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 2:53 AM

August 9, 2005

トライネイションズ2005 スプリングボクス対ワラビーズ 22-16 スプリングボクス対オールブラックス 22-16
梅本洋一

 同じ点差、同じ内容(つまり共に1トライずつ)で2つのPGの差でスプリングボクスがホームのゲームで連勝している。スタッツを見たわけではないので、正確なことが書けないが、印象でいえば、両ゲームともポゼッションでスプリングボクスが勝っていたわけではない。ワラビーズ、オールブラックスのアタックに対してスプリングボクスのディフェンスという構図は2ゲームとも変わらないのだが、ワラビーズとオールブラックスのア...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 2:33 AM

August 4, 2005

サッカー 東アジア選手権 北朝鮮対日本 0-1 中国対日本 2-2
梅本洋一

 東アジア選手権の中間的なレポートを書いておこう。  初戦の対北朝鮮戦は、なによりも代表メンバーのモティヴェーションの低さが際立った。なぜこうしたトーナメントがあるのか。W杯予選の中間に、Jリーグの合間に、高温多湿の地でトーナメントを戦う必要があるのか? それを理解できないのは選手ばかりではない。中澤のミスパスから生まれた1点は選手たちのモティヴェーションの低さが原因だ。このトーナメントは、選手た...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:37 PM

July 18, 2005

『流れる』成瀬巳喜男
田中竜輔

 夫と子供を失い、ひとりで細々と生きている45歳になる梨花(田中絹代)は、とある古びた芸者置屋「つたの屋」に女中として勤めることになる。すでに抵当に入れられた家屋の内部に生活する女たちは、いつも何かに悩み、時にはその悩みを互いにぶつけ合いながら、日々を過ごしている。この家の家主である女は生活の中の些細な悲しみに全身を浸しながら、静かに時代との乖離を始めた芸者という職業に向き合っている。若く美しく奔...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:33 AM

July 10, 2005

ラグビー オールブラックス対ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ テストマッチ第3戦
梅本洋一

 これではどうしようもない。クライヴ・ウッドワードはライオンズをどんなチームにしようと考えたのだろう。このチームは4年に1度しか結成されず、オールブラックスと戦うのは12年に1度。英国4協会からセレクションされたメンバーが一堂に会し、南半球に遠征する。ドリームチームが不甲斐なく3連敗。それも良いところなしの3連敗だ。  確かに2連敗のライオンズはゲーム開始からFWラッシュ。傷ついたライオンを怒らせ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:44 AM

『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』リティー・パニュ
中村修吾

 出来事と評価との間には隔たりがあるはずだ。ある出来事が起こる。そして幾らかの時間を経てその評価がなされる。出来事と評価との間には、時間的な隔たりがある。また、出来事が起こった場所と評価がなされる場所が別の場所であるという意味において、空間的な隔たりがある。『S21 クメール・ルージュの虐殺者たち』は、出来事と評価との間、言い換えれば、時間的空間的な隔たりの中に存在するものを記録しているように思う...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:40 AM

July 9, 2005

「全身での身の任せきり──丹下健三の日本」磯崎新(「新建築」7月号)
梅本洋一

「新建築」7月号に掲載された磯崎新の文章を極めて興味深く読んだ。戦前から戦争中に至る丹下の仕事を、立原道造が彼に宛てた手紙などから丹念に拾い、ル・コルビュジエの賞賛から大東亜建設忠霊神域計画の間にあった丹下の変節を「全身での身の任せきり」という文字どおり「身体的な」タームですくい取っている。丹下が変節したのは、多くの日本人たちが変節した敗戦──つまり大東亜共栄圏から広島ピースセンターの間──をき...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:31 AM

July 5, 2005

『乱れ雲』成瀬巳喜男
梅本洋一

 生誕100周年を記念してディジタルリマスター化が進められている成瀬のフィルムがスカパーの日本映画専門チャンネルで連続上映されている。この日は、別プログラムの加山雄三特集とのからみで、『乱れ雲』が放映された。  他の加山プログラムには『エレキの若大将』、『椿三十郎』などが含まれていて、冒頭には今年68歳になる加山雄三のインタヴューが添えられていた。ひたすら黒澤明のすばらしさを語る加山の言葉の直後に...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:23 AM

ラグビー オールブラックス対ライオンズ第2テスト 48-18 ワラビーズ対フランス 37-31
梅本洋一

 南半球の優勢が確実になった、などと暢気なことを言っている暇はなくなった。ライオンズがこうした大差でオールブラックスに敗れたことは初めてだし、フランスはスプリングボクス戦に次いで連敗。  ウッドワードは、失望していると語り、ラポルトはまだ望みがあると語っているが、ゲームを見る限り、「紙一重」などというものではない。ワラビーズ対フランスは確かに大差ではないが、フランスに勝ち味はなかった。ライオンズは...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:21 AM

July 1, 2005

コンフェデレーションカップ決勝 ブラジル対アルゼンチン 4-1
梅本洋一

 誰もが予想した顔合わせになった決勝戦。勝負は前半20分までであっけなく決まってしまった。怪物アドリアーノ、名前(ウンチ)と顔が不似合いなミランのカカがいずれもミドルをぶち込んだ。ここまででまだゲーム開始から16分しか経っていない。そして、当然、前掛かりになったアルゼンチンを何とか押さえ込み、後半開始直後にロナウジーニョがヴォレーをたたみこみ、文字どおり勝負あった。  リケルメを中心にしたアルゼン...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 8:47 AM

<< previous next >> all |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53