« 2005年8月20日 | メイン | 2005年10月14日 »

2005年8月28日

2005年8月28日

まさかこのお店で受けるサービスをまったく知らないで飛び込んできたわけでもないだろうに、彼は出会うなり大声でなんやかんやとまくしたてて、なかなか衣服を脱ごうとしなかった。私が業を煮やして彼のシャツに手をかけると、彼は大げさに飛び上がり確かにこういった。「もう何するんだよ、いきなり」。
それでもタオルを器用に使ってなんとかパンツまで脱ぎきった彼は、文句を垂れつつ促されるままシャワー室へと入り、その扉をぴしゃっと閉めると続いて5センチぐらいまた扉を開け、その隙間から腰に巻いていたタオルを私のほうに突き出した。私がそれを受け取り待っていると、次に彼は濡れた手を差し出しそのタオルを催促した。「見るなよ!」甘えても怒ってもいないが妙に意志のある彼の言葉に、私は大げさに目をつぶった。彼がシーツに横になった音を確認 すると、私はゆっくりと目を開けた。彼が視線の先を探るように私を凝視してくるので、私も彼の目をしっかりと見つめながら手探りで彼の局部へとタオルをかけた。思いがけなく、タオル1枚で横たわる彼とナース服の私は、決闘の前に向かい合う武士たちのような緊張状態にあった。
「じゃあ、お顔のマッサージからさせて頂きますね」。私はいつもの台詞を口にすることで、狂った調子をなんとか取り戻した。彼もマッサージにつきものの大げさな感想や吐息でそれに応戦してくれた。シャワーに入るまでのやり取りに、ずいぶんと時間を割いてしまったが、幸いにも若々しい彼の身体は、私が マッサージするまでもなく十分にほぐれていた。私は時間どおりに性感にはいった。うつぶせの彼がふと押し黙ったのを見計らい、私はナース服を脱いだ。彼の背にまたがり、ベビーパウダーを振りかけた。「あ、この匂いはベビーパウダーだね」。
なんだ知ってるんだと、安心してうなずくと、私は指先に神経を集中させ美しい曲線にそってそっと彼の背に触れた。「……何!?」彼がおびえた猫のよう飛び上がって全身をこわばらせた。「何って……パウダーマッサージです」。私はそっとささやくとまた彼の背に指を這わせた。「あ、なんだ。これがパ ウダーマッサージか」。私は脇腹や二の腕の後ろなど、皮膚の薄くなった身体の側面の部分が特に敏感に感じやすいことを知っている。集中的にその敏感な部分を触っていく。私の指の動きにあわせて彼が身体をくねらせる。私は突き出した丸くてかわいいいお尻へと指を滑らせる。突然彼が大きな声を出す。
「あぁ、もうやめて! なんか触り方がやらしいんだよ!」察するに彼の愚直な言い方に、裏の意味はなかった。私は手を止め、この純真な男性を一体どうやっ てオルガスムまで導いたらいいのか思いあぐねた。彼に風俗産業の形態について一から説明する時間はない。私は彼に仰向けになるように伝え、彼の腕に横になり、無言で彼のペニスに触れた。彼が敏感に声を上げた。意外にも彼は静止しようとはしなかった。私は彼に足を絡ませアヌスから亀頭にかけてねっとりと指先をスライドさせ、先端からペニスを手のひらで包み込んだ。ゆっくりとその手を上下させた。彼はもたれかかるようにして私に全力で抱きつき、深く足を絡ませた。私の手にあわせて彼は自ら腰をふった。それは私の太ももにペニスを押し付けるような格好だった。この体勢はこの店のプレイ対象外ではないだろうか……。私はふと冷静になった。しかしかすかに赤みの差した顔でぎゅっと目を閉じ腰をふる彼に、そんな注意はてんで見当違いな気がして、私はそのままにしておいた。「いっちゃいそうだよ」。しばらくすると彼が言った。彼の腕の中で、そうと伝わるように私が大きくうなずくと、亀頭に触れた手の中に温かくて柔らかな精子が溢れた。
いってしまうと急に羞恥心がよみがえったのか、彼はまたばっと局部をタオルで隠しながらさっさとシャワーに入ってしまった。彼が身体を洗い流して着替えを終わると、どこかよそよそしい奇妙な雰囲気の中で、私は彼に封筒を手渡した。「もしよかったら、アンケートをお願いできませんか? あの、私見ないことになってるんで、思ったこと何でも気にしないで書いてくださいね」。彼は封筒を開くと顔を曇らせこう言った。「えー、なんかこれ、やだね」。書くこと自体が面倒な様子でもなかったので、きっと彼は評価される対象にある私に対して思いやりの気持ちを抱いてくれたのだと思い、私は少しうれしくなった。「優しいですね。でも、まぁ、仕方ないですよこればっかりは……」。しかし彼は即座に言葉を返した。「いや、じゃなくてなんかおっぱいが綺麗だったとか書けないじゃん。だって、それ見て店の人は、あーこの子おっぱい綺麗なんだ、とか思ったりするんでしょ?」「……」。「悔しいよね。あーもー全部×にしちゃおっかなぁ! えーと、『女の子の接客態度はどうでしたか』……『最悪だった』『フィニッシュはどうでしたか』……『最悪』」「……」。彼の言葉に私はかなり動揺した。よくも悪くもアンケートとはお店の向上心の誇示と商品としての女の子の評価であるとほとんど無意識に刷り込まれていた私は、ふたりの時間を内密なものと感じていたらしい彼によって完全に足下をすくわれていた。突然彼が、その時私たちが置かれていた客と風俗嬢としての関係を、男と女の生々しい出会いへと転化させた。いや突然ではなく、私に異様に不自然に見えた彼は、初めからそのつもりだったのだ。

投稿者 nobodymag : 2005年8月28日 00:32