« Déjà vu:インターミッション | メイン | End Game : イングランド対南アフリカ 0-36 »

2007年09月13日

Once Upon a Time in Toulouse : ジャパン対フィジー 31-35

 スタード・ミュニシパル・ドゥ・トゥールーズ! なつかしい! かつて、ガラガラのこのスタジアムで、ジャパンを応援したことがある。もう30年近く前のことだ。テストマッチ。後半の30分すぎまで3-11。結局、最後には3-23になってしまったけれど、興奮した。後でテレビのニュースを見たら、「Match fantastique!」とアナウンサーが叫んでいた。ジャパンはボールを奪うと、(飛ばしパスではなく)一気にウィングまで展開し、スピードのあるアタックを何度もした。戸嶋と藤原の両ウィングが快足を飛ばし、そして金谷と南川の両センターが素早いパスでディフェンスを交わしていた。
 あのゲームは、この日スタジアムが「ジャポン! ジャポン!」と一体で応援してくれた対フィジー戦よりも何倍も感動した。だって、相手はフィジーではない。フランス代表だった! つまり、かつてはアウェイでフランス代表にもイーヴンに近いゲームをやったことがあった。タックルミスなんてほとんどなく、ノックオンも少なかった。
 対フィジー戦、良いゲームをしたと言われるが、あのゲームに比べれば、レヴェルの差は大きいと思う。フィジーは緒戦のためか、本来の調子になく、イージーミスを繰り返し、ジャパンは、(皆、頑張ってはいるけれど)ほとんどラインブレイクできない。とった3つのトライも、2トライはモール、あとのワントライはルーク・トンプソンの個人技。そして、スクラムから4トライ奪われている。確かに吉田と矢富の怪我もあるだろう。けれども、このゲームに勝つためにチームを2つに分けたはずだが、結果は敗戦。惜敗ではるけれど、敗戦。フィジーのそれほどよいとは思えないディフェンスを破れず、大西のキック(安藤よりずっといい!)で何とか付いていけただけ。
 まだジャパン・オリジナルと伝統工芸が残っていた時代、ジャパンのFWはひたすらタックルを繰り返し、ジャン=ピエール・リーヴのフランスと渡り合い、BKは、針の穴を通すようなパスプレイでゲインラインを目指していた。そして、今は?
 真っ向勝負! でも勝負になるのはマキリとトンプソン。今村も、小野沢も、クリスチャンも、遠藤も「fantastique」なラインブレイクができない。その方法を持っていない。ポゼッションに勝り、テリトリーでも勝っているとスタッツは示すが、それを活かす方法論を持っていない。どうやってトライを取るのか。どうやって、このチームの特長を全面に押し出したプレイを作っていくのか。道は遠い。

投稿者 nobodymag : 2007年09月13日 22:59

コメント