『COP CAR コップ・カー』ジョン・ワッツ インタビュー
「現実の世界ではお宝に出会うことなくみんな大人になっていってしまう」

『ハッピーアワー』濱口竜介インタビュー
「エモーションを記録する」

家出中に偶然見つけたパトカーを盗む10歳の少年ふたりと、彼らを追跡する邪悪な保安官のクライム・サスペンス『COP CAR コップ・カー』が公開される。保安官とふたりの少年、パトカーを乗り回す少年たちを目撃する中年女性、そしてそのトランクの中にいる謎の男……。ほぼ5人の人物しか登場しない本作は、わんぱくな子どもの無邪気さに着目しつつ、スリラーの中で大人たちの滑稽さを巧みに見出してみせる。監督のジョン・ワッツは、セリフに頼らないスマートな語り口とスリリングなディテール、そして広大な自然風景のなかで繰り広げられる詩情あるアクションとともに、簡潔でありながら示唆に富んだ少年冒険譚を作り上げたと言えるだろう。

なお、ジョン・ワッツはマーベル・スタジオからリブートされる新『スパイダーマン』の監督にも抜擢されており、「最も優秀な次世代の監督」の呼び声も高い。YouTubeに発表したフェイク予告編がイーライ・ロスに注目されて長編デビューした前作『クラウン』からわずかな期間で完成させた本作では、脚本に惚れ込んだケヴィン・ベーコンが製作総指揮を兼ねて出演している。そんなジョン・ワッツにスカイプ取材の機会を得たいま、1980年代のアメリカにおける少年冒険映画の記憶とともにお話を伺うことになった。


——私が『COP CAR コップ・カー』(以下、『コップ・カー』)を知ったきっかけは、『今日、キミに会えたら』(2011)『あなたとのキスまでの距離』(2013)の脚本家ベン・ヨーク・ジョーンズが本作を2015年のベストの1本に挙げていたことでした。彼はあなたの演出や技術を真っ先に褒め称え、「とてもシンプルなコンセプトで非常にうまく作られていて、それぞれの要素がとても熱心に描かれている。素晴らしく感激した」と評しています。私もそれに同意します。

ジョン・ワッツ(以下、JW):おぉ、それは知らなかった!光栄ですね。

続き・・・

ジョン・ワッツ(Jon Watts)

映画監督、プロデューサー。1981年、コロラド州ファウンテン生まれ。ニューヨーク大学映画学科で学び、2005年に卒業後はミュージックビデオやコマーシャルで技能を磨く。大学の同窓生だったクリストファー・フォードらとともに、ブルックリン在住のフィルムメーカーを中心としたグループ「ウェイバリー・フィルムズ」を旗揚げする。風刺ニュース機関のウェブ版『ジ・オニオン・ニュース・ネットワーク』でもスタッフとして働いていた。短編映画やテレビ映画『Eugene!』(2012)などを手がけた後、2014年、フォードとともに『クラウン』という架空のホラー映画の予告編を制作しYoutubeに投稿する。この架空の予告編にはホラー映画界の帝王イーライ・ロスの名前も監督としてクレジットされていたが、投稿を観たロス本人からの連絡により本作を実際に製作することが決定。2014年に『クラウン』で長編映画監督デビューを果たした。『COP CAR コップ・カー』は長編映画二作目であり、現在は2017年夏公開の『スパイダーマン』新シリーズ(トム・ホランド主演)の監督を務めることが決定している。


COP CAR コップ・カー

家を抜け出したふたりの少年が野原でふざけあっていると、人里離れた空き地に乗り捨てられた1台のパトカーを発見する。彼らはキーが付けられたままのパトカーに面白半分で乗り込み、田舎道を無軌道にドライブするが、やがて持ち主の保安官クレッツァー(ケヴィン・ベーコン)から無線が入る。そのトランクの中にはある恐ろしいものが隠されており、クレッツァーはそれを取り戻すべく執拗な追跡を開始する。

2015年/アメリカ/88分/シネマスコープ
監督・原案・製作:ジョン・ワッツ
脚本:ジョン・ワッツ、クリストファー・フォード
出演:ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン、ヘイズ・ウェルフォード、カムリン・マンハイム、シェー・ウィガム


2016年4月9日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開