« 2004年11月15日 | メイン | 2004年12月9日 »

2004年11月26日

2004年11月26日

受付時間ギリギリになって、性感エステで酔っぱらったお客さんが入る。トレンチコートにブーツカットの、きれいめの松田優作のような服装をして、やわ らかな短髪に小麦色の肌の彼は、記述するとアンバランスな印象があるけれど、それらがよく似合っていてとても素敵だ。ただひどく酔っている。「酔っぱ らってないとこんなとこ来れないよね。」と、8割方の酔っぱらいのいいわけを、彼もまた同じように繰り返す。酒臭い息は実は結構好きなんだけど、以前 にも書いたが彼らはがっついてくる場合を省いて身もふたもなくいってしまうか、なえなえで一向にいかないかのどちらなことが多く、性感に入ってからの 時間配分が難しい。普通のエステマッサージの間、ドラえもんの声優がかわるという話で盛り上がり、時間はあっという間に過ぎる。はっとして時計を見る と、いつもより5分もおしている。私はあわててナース服を脱ぎ捨て性感体制に入る。話方からおそらくがっつきではないだろうと判断して、さて彼のペニスは今日はそのどっちに転がるのだろう。彼の腰にかけられたバスタオルを引き上げる。残念!後者だ。そこには伊藤ハムのアルトバイエルンより小さくて 柔らかいウインナーが申し訳なさそうに横たわっている。そして持ち主もまた申し訳なさそうに私にいう。「うーん・・・飲み過ぎたかなぁ。ごめんね。」 これまで楽しく話していたはずの彼が、ペニスだけでなく態度まで萎縮させている。やばい。悲惨な悪循環は、早いうちに断ち切らなければならない。私は それにローションをつけてくちゅくちゅと手のひらで転がしていく。ふにゅふにゅして感触がたまらなく気持ちいい。すぐにペニスが手の中でみるみる膨ら んでいく。固さを帯び、ゆっくりと持ち上がり、内側から押し出されるようにして最後に先端がモリッと顔を出した彼のペニスは、なでつけると右側に湾曲しているのがわかる。彼が私を見つめる。M性感でもないのにみょうにうっとりとした彼のまっすぐなまなざしが照れくさい。ふざけて鼻を膨らまし目をむいて、得意の「赤ちゃんまねをした時の関根勤」の顔まねをする。彼がぶっと吹き出して、同時に持ち上がっていたペニスがまた私の手にのしかかる。私は 体を起こして固くなった彼の乳首を口に含む。唾液でぬるぬるにして、唇の端で押さえつつ犬歯で乳首をそっと噛む。手の中の彼のペニスが持ち上がる。私は時計を確認し、そのまま手を動かすスピードを速める。彼も体をくねらせそれに答える。どれくらい続けたか、しかしいくら待っても精液がでてこない。右手が疲れて痺れてくる。手を持ち替える。右に湾曲した彼のペニスを私の左手はうまく包み込むことができない。再び手を持ち替える。痺れた右手では、どうしても強く握ることができない。体力が足りない。時間がない。きっとそれは彼にも伝 わってしまうに違いない。「どうしよう・・時間が・・」すると彼は私の両頬を自分の両手で包み込むと、そのまま顔を彼の目の前ギリギリまで近づけ、こう言った。「顔みたらいける。顔よく見せて。」呼吸を感じるほどの距離で、彼が潤んだ目で私を見る。そのまっすぐな視線を正視できずに、私はゆっくりと目をつむる。わずかな沈黙。そっと目を開けると、私の両頬をつかんだまま、眉間にしわを寄せ、じっと私の顔を見つめ続ける彼が見える。初めてのセックスの時のちっちゃな女の子みたいな、相手に自分のすべてを支配させるような、強い強いまなざしだと思い、慎重にペニスをいじりながら私は再びまぶたを閉じた。そのまま静かに、彼は射精したようだった。

投稿者 nobodymag : 2004年11月26日 07:16