« 10/21

結城秀勇
| メイン

2009年10月23日

10/23
渡辺進也

映画祭ももう佳境。残すも3日となった。
数日前には人気の多かったプレスセンターの辺りもいくらか落ち着いた印象がある。
今日は日中取材を一本。
そのあとカルロス・レイカダス特集の一本『ハポン』。
この作品はカンヌのカメラドールを獲得した作品。あらすじを言ってしまうとひどく単純で、都会から自殺するために山奥までやってきた男が世話をしてくれる70過ぎの老婆に性欲を抱くというもの。
16ミリのブローアップだろうか。粒子の荒い画面が続く。カメラは影のように男の後を追う。すでに人気のない森からいくつもの尾根を越えて、落ちたら命のないほどの崖の上の家に男は至る。観客はこのえいがのストーリーもわからないままに男が見たもの聞いたものが見聞きされることになる。
あらすじだけ聞けば悪ふざけのような映画に聞こえるがそもそもこの監督ストーリーを第一義のものとして考えていないらしい。だから悪いいい方をすればだらだらと映像が続くのだとも言える。
ストーリーとは語られるものであり展開するものであると同時に全体を統制、制御するものでもある。no limits no control。この標語が言いようにも悪いようにも受け取れる映画ではないか。個人的には買わないが。

明日明後日は不参加のため東京国際映画祭の日記も今日で終わりです。
巨匠と呼ばれる人の作品はあまり見ることができず、まだ日本に紹介されていない映画を中心に見ることになった。未だ現在の映画を体系的な姿を想像することも難しいが、その中でも良作の生まれる鉱脈はある。そんなことを思わせる映画祭であった。

投稿者 nobodymag : 2009年10月23日 10:34