« 2005年2月 | メイン | 2005年4月 »

2005年3月27日

2005年3月27日

私は基本的に仕事は遅番なので、遅くまで家で眠っていることが多い。今日もお昼頃までうとうとしていた。布団の中で、寝ぼけなまこで折り曲げていた足をぐっとのばした。ふと、ベッドの上で横たえる私のその足先に、冷たい感触が走った。反射的に飛び起きた。足下を見てみると、暑さで蹴り上げられた上の布団の塊が、一面ぐっしょりぬれているのがわかる。おねしょ?? それにしてもすごい量だ。耳を澄ますとぽたぽたという水滴の音が聞こえる。あわてて眼鏡をつかみ取り、天井を見上げると、中央の照明カバーの中に、透明の液体がいっぱいにたまり、さらにそこからはみ出した液体が、少しずつ垂れて布団を濡らしているのがわかる。カーテンを開けて外を見る。昼の明るい日差しが差し込む。雨漏りではない。いや、そもそも集合住宅の1階に住む私の部屋に、雨水が滴るはずもない。私はとりあえず布団をよけ、浴室から持ってきたポリバケツをその下に置いた。ジャージ姿のまま部屋を出て、私のちょうど上の部屋のチャイムを鳴らす。確か2、3ヵ月前から、空き部屋になっていたはずなのだけれど。新しい人が入ったのだろうか。「はーい」。しわがれた女の人の声が聞こえる。扉ががちゃりと開き、中から私の肩ぐらいの背丈のおばあさんが顔を出す。奥につなぎ姿のおじいさんが、掃き掃除しているのが見える。「すいません。初めまして。下に住むものです。あの、なんか雨漏りしてるみたいで……」。おばあさんはゴム手袋をはめた手に、マジックリンを握りしめている。以前のここの住人とは知り合いだったので、この部屋の構造はわかっている。そういえば、私のベットの上は、ちょうどここのお風呂場にあたる。「その辺なんですけど……」。私は玄関から浴室を指差す。「あらぁ、いまちょうどお掃除してたのよ。なにしろすっごい汚いの!」「……はぁ」「ごめんね。もう、すぐ終わるから。ちょっとそのままで待っててくださる? 後で全部きれいにしに行くから」「……あ、はい」。そんな悠長なレベルの雨漏りではないと思いつつ、よっぽどお風呂が汚くて、それをすっかり磨いてしまいたいという彼女の気持ちがあんまりストレートに私に届いたので、何も言えずに家で待つことにする。バケツに滴る水音が、なんだかすごく懐かしい。しばらくぼーっとそれを眺めていると、急に水の量が多くなって、水道の蛇口をひねったように天井から水が流れ出る。家の中なのに辺りはもうびしょびしょだ。私はひとりでおかしさに笑いをこらえつつ、あっというまにいっぱいになってしまったポリバケツを交換する。そうこうするうちに、部屋のチャイムが鳴る。私は彼女を部屋に招き入れる。相変わらず天井からは水が滴る。「まぁ、大変!!」彼女はあわてて踵を返す。「ちょっと、お掃除道具とってくるから!」私は再び部屋にひとりになる。2階から話し声が小さく聞こえてくる。「お父さんおおごとよ! おおごと!!」 またチャイムが鳴る。おじいさんとおばあさんが、私の部屋に駆け込む。おじいさんは脚立を広げ、天井の照明を外し、おばあさんは彼の足下にバスタオルをいっぱいに広げる。私はおじいさんから照明カバーを受け取り、それを浴室へと持って行った。水を捨て、部屋に戻ると、脚立に腰掛けたおじいさんの小さな背中がクタリと丸まっているのがわかった。彼も途方に暮れているのだ。どこかに連絡をとりに行っていたらしいおばあさんが戻ってくる。「ほんとごめんなさいね。私ったら大変なことしちゃって。今、部長に連絡したから、すぐ大家さんから電話が来ると思うけど。……とにかくここは全部奇麗にして帰るから」「……部長? え? 上に住まれる方じゃないんですか?」「いいえ、私たちは掃除屋なんです」。なるほど。彼女たちは入居者ではなく掃除屋さんだったのか。だからさっきからあれほど掃除して奇麗にするということを繰り返し言っていたのだ。私は飽き症で、これまでも何度か引っ越しを繰り返してきたが、その中でいつも不合理に感じていた、1万円とか2万円とか平気でとり上げるあやしい「クリーニング代」とは、彼女たち夫婦のような人たちのもとに届けられていたのか。ほかのことは不器用だけれど、彼女たちはなんて「クリーニング」に誇りを持って取り組んでいることか。「中間搾取」してゆく「業者」っていうのは、こんな素敵な人たちだったのだ。それからは照明を全部取り外し、びしょぬれだった部屋が素早く美しく片付けられていくのを眺め、部長と呼ばれる若い女の人が謝りにきて、その後大家さんも来て、とにかくばたばたと大変だった。やっと落ち着いてみんなが去って行くと、辺りはもうすっかり暗くなってしまっていた。私は着替えをすませ駅へと急ぐ。今日は普段は絶対に触れようのない素敵な仕事を見た。眠い目をこすりながら、あらためて私も仕事に気合いが入る。

投稿者 nobodymag : 01:40

2005年3月16日

2005年3月16日

茶髪に小麦色の肌をした彼が、ぐったりと布団の上に横たえている。とても疲れているのか、口数は極端に少なく、ごくたまに発せられる言葉も、小さくて何度も聞き返さなければいけないほどだ。私も彼にあわせて押し黙り、マッサージに力を入れる。力が抜けきった、均整のとれた彼の長身は、指で押すと、驚くほど柔らかくほぐれているのがわかる。どこか一部の筋肉を酷使したとか、長時間イスに座り続けたとかではなく、純粋に今日1日分のすべてのエネルギーを使い果たしたかのような彼のその姿は、清々しく美しい。
うつぶせの彼の、腰の上に置かれたタオルをたたみ、ナース服を脱ぎ始めてからも、彼にかわるところはなく、ただ私はその美しい背中の筋肉の筋にあわせて指を滑らせる。さっきまでは普通に受け入れることができた、彼の無反応さが少し気になり始める。「仰向けになってください」。ゆっくりと長身を起こす彼を見ながら、私はローションをたっぷりと手のひらに溜め込む。彼のペニスが大きく突き立っているのが見える。言葉はなくとも彼の体が反応を示している。少しほっとしながら、私は彼の足にまたがり両手でペニスをいじり始める。若さゆえか勃起した彼のペニスは異様に固い。私は玉とカリを指先でなめ回しながら、彼の顔をのぞき見る。彼は細い目を少し開き、相変わらずの無表情だ。視線の先は読み取れない。固まったペニスも、そういえばずいぶん激しくしごいているというのに、一向に変化の兆しがない。このまま彼はいかないのではないかという不安感が、ふと頭をよぎる。私は手の動きを止める。口にたまった唾液を、ゆっくりと彼のペニスへとたらす。顔をあげると、こちらを見ていたらしい彼と目が合う。彼が口を開く。「……口にもちょうだい」。彼が大きく口を開く。「えー……だーめ」。しかし彼は口を閉じようとはしない。「いいじゃん。ちょっとだけ」。「だめですよー」。「いいから。ね」。「……」。私は、彼の肩の辺りに手をついて、上にまたがり、彼の顔に自分のそれを近づける。数十センチ離れた彼の口元をめがけて、ゆっくり唾液を垂らす。彼は口を閉じるとそれを飲み込み、再び大きく口を開く。「もっと」。唾液を垂らす。また彼が口を開く。「もっと」。「……えー、もうでないよ」。「でなくてもいいからもっと。……ね、顔にかけて」。「……」。プレイが突然M性感の様相を帯び始める。これまでエステモードでおっとりと彼と接してきた私は、完全にひるんでいる。いまさら淫乱姉さんに変身することはできない。彼のまなざしが、その安っぽい私の戸惑いを見透かしているかのように、まっすぐに私を見つめる。……さっきからずっと私はペニスを最強でしごき続けている。しかし彼にいく気配はない。それでこのままというのも悔しい。「……ぺッ」私は思い切って彼の顔をめがけ、勢いよく唾液をはきかける。彼が反射的に目をつぶる。「……もっと。全部かけて。タンでもいいから全部出して。……すげぇ欲情する」。「ペッ……ペッ……ペッ」私は繰り返し繰り返し彼の顔につばを吐きかける。彼がその度ごとに目をつぶり、目の回りにネバネバした唾で無数の糸が引かれていくのを、なんだかとても冷めた気分で見つめる。「欲情する。……あぁ、いく」。

「すげぇ欲情する」。彼のその強い言い方が、私に彼の顔を唾まみれにするという暴挙を行う勇気を与えてくれた。しかし後になるとむしろそれによって、私は強制的に唾を吐かせられたという印象の余韻が強く残る。そこには倒錯的な主従関係が成立していたようにさえ思えてくる。つまり、「また来る」という普段なら喜ぶべき彼の捨て台詞に、私は一瞬確かにビビってしまっていたのだ。

投稿者 nobodymag : 08:29

2005年3月 3日

2005年3月3日

誰だってそうだと思うけど、いちいちほめてくれるお客さんが好きだ。特にそれが、自分が意識的にそうつとめている部分なら、それを相手にうまく伝えることができたと思うし、無意識的な部分なら、それを意識し、生かしていくきっかけになるからだ。いや、そんな言い訳は本当は全部置いておいて、とにかくほめられることそれ自体がとてもうれしい。
今日のお客さんは、最近定期的にお店にきてくれるようになったお客さんで、とにかく何かにつけてよくほめる。小学校の給食センターで働く彼は、その職業柄か特に背中がこるらしく、マッサージをしていても、背中を押さえ始めるととたんに「あーそこそこ。んー」とか、「ほぉー」とか、ほとんど表記不可能な声を漏らす。わかりやすくてとてもいい。うつぶせの彼からは絶対見えないにもかかわらず、私はつい笑みをこぼす。背中を押す手に力が入る。しかし丁寧に背中をマッサージすればするほど、性感タイムはどんどん短くなる。順番的に次に性感が待っているのを、私も彼も知っている。私たちは、マッサージと性感の境界線引きにいつもまごつく。「うん、ありがと。気持ちよかった」。思い切って彼がそう口を開く。「はい。じゃあ、……ちょっと待ってくださいね」。私は手を止め、彼から離れナース服のボタンに手をかける。
白くて大きな彼のお尻に、生温いローションをゆっくりとたらす。尾てい骨の辺りから、お尻の割れ目を通って、肛門、更に玉の裏側へ、流れていくローションの動きに目を凝らす。肛門がきゅっと締まるのと同時に、ぴくぴくと小さなおチンチンが反応する。ダルンと垂れ下がる玉袋の先端から、滴るローションがシーツの上に池をつくる。四つん這いの彼から、ため息が小さくもれるのが聞こえる。私は爪を立て、指先で柔らかなお尻にいくつもの円を描く。太ももと、垂れ下がった玉のわずかな隙間に、するりと両手を差し込む。中指の先に彼のおチンチンが触れる。私はさらに手を伸ばし、柔らかいそれをぬるぬるの手のひらで包み込む。柔らかくて暖かいそれが、手の中でどんどんと芯を帯びていく。腰の辺りがひくひくと痙攣する。身体反応も饒舌だ。笑みがこぼれる。「仰向けになっていただけますか」。私は手を引き抜き、再びローションを取ってそれを自分の手に溜める。彼が仰向けになる。勃起したおチンチンが露になる。私は溜めておいたローションを亀頭へと垂らす。彼の足にまたがり、しっとりと光る亀頭に触れる。「あぁ、すごい気持ちいいよ」。彼が言葉でさらに私を盛り上げてくれる。おチンチンをなで回す。肩の辺りに手をついて、彼の乳首をなめる。見上げると、その姿を見つめていた彼と目が合う。私はニッと笑いかけ、尖った犬歯で乳首に噛み付く。「あぁ」彼が高い声を上げる。私は歯で乳首の輪郭をなぞる。もう一度見上げると、今度は彼は目をつぶっている。私は歪んだ彼の表情を見ながら、そっと手を玉へと移動させる。さっきまでダルンと垂れ下がっていたそれが、おチンチンのすぐ後ろまでシワシワに収縮している。私はそのまま手をおチンチンの裏筋へと滑らせ、親指と人差し指の間に、ぬるぬるのそれを包み込む。その手を激しく上下させる。彼の手が、足が、お腹が、一気に硬直する。彼が口を開く。「……いってもいい?」私は乳首を噛んだまま、頭をこくんと動かす。「……いいよっていって。ね」。私は手を止め、顔を上げる。彼が目を細く開いて私を見ている。自分の顔が自然とにやけてくるのがわかる。「いいよ。いっていいよ」。そして彼は目を閉じ、小さな声とともに、白い精液が飛び出す。
帰り際、彼が私におみやげをくれる。半透明の買い物袋で無造作に包まれたそれは、受け取ると手にずっしりと重たい。彼を見送り、控え室で包みを開ける。彼は、お見せにくる時はいつもセンターで自分のつくった「本日の献立」をこっそりと私に持ってきてくれるのだ。中から、白いご飯に細かく刻まれた椎茸や人参や錦糸卵が色鮮やかに和えられた、ちらし寿司のおにぎりが3つ出てくる。そういえば今日はひな祭りだ。

投稿者 nobodymag : 16:12