journal

« July 2011 | メイン | September 2011 »

August 29, 2011

マンチェスター・ユナイティド対アーセナル 8-2
梅本洋一

[ cinema, sports]

 対ウディネーゼ戦の勝利の後、マンU戦は引き分け狙いで、とぼくは書いた。ところが上記の結果だ。サミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』の冒頭ではないが、Rien à faire! どうしようもない。こうしたゲームは堅く落ち着いて入り、ゲームを「殺す」方向へ進めていくのが鉄則だ。だが、当日の先発メンバーを見ると、誰でもが理解できるそうした方向性は「絵に描いた餅」であることが即座に納得される。まず...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:55 PM

August 25, 2011

11-12チャンピオンズリーグ プレイオフ ウディネーゼ対アーセナル 1-2(1-3)
梅本洋一

[ sports, sports]

 前半、ディ・ナターレの個人技で先制され、トータルスコア1-1になり、後半冒頭からフリンポンに代わりロシツキを投入したヴェンゲル。前半は、フリンポン、ソングの2ボランチがウディネーゼの中盤を押さえていたとはいえ、アタックは連動性を欠いていた。特にトップ下に入ったラムジーの「遅さ」は、彼の能力とは関係なく、ジェルヴィーニョとウォルコットの速度とどうしてもマッチしていなかった。屈強なCFが2枚いれば、...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:38 PM

August 14, 2011

11-12プレミアリーグ開幕戦 ニューカッスル対アーセナル 0-0
梅本洋一

[ book, sports]

 昨シーズンの4-4のゲームが思い出される。前半の22分までに4-0とリードしながら後半のディアビの退場をきっかけに4点取られてドローになったゲームだ。アーセナルの転落のひとつの象徴だったゲーム。  そして今シーズンの開幕戦。問題を抱えながらの開幕戦だ。セスクとナスリの去就が決まっていない。おそら8月31日までにふたりはアーセナルを去るだろう。セスクはバルサでレギュラーの位置が得られるのだろうか?...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:58 PM