journal

« September 2011 | メイン | November 2011 »

Next >>  1  |  2  | 全部読む

October 31, 2011

チェルシー対アーセナル 3-5
梅本洋一

[ cinema, sports]

 溜飲を下げるという表現はあまり好きではないけれど、こういうゲームの後は、その表現を使いたくなる。  アーセナルというチームに疑いを持ち始めてからずいぶん経つ。いったい何度期待を裏切られたのだろう? 別にタイトルを取れなかったことが残念なのではない。かつてこのチームのフットボールを見ることで、フットボールを見る快楽を感じ、それからこのチームと共に何年も歩んできたのに、最近、快楽どころか不満や苦痛ば...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:21 PM

October 28, 2011

『MISSING』佐藤央
高木佑介

[ cinema]

「息子は自分のせいで失踪してしまった」と負い目を感じている母親であるとか、「悪い行いをすれば必ず悪いことが起こるのよ!」と物事の因果を熱弁する女であるとか、「嘘」ばかり言う少年であるとか、とにかくそのような人物たちのやり取りが1時間にも満たない慎ましい尺のなかで描かれているこの『MISSING』。まず何よりこの映画を見て驚かされるのは、各々が独自の価値観を持って行動しているように見える上記のよう...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 3:17 AM

October 25, 2011

ラグビーW杯2011──(12) 決勝 オールブラックス対フランス 8-7
梅本洋一

[ sports]

 大方の予想を裏切ってフランスの「善戦」──「やっぱりフランスは分からない」──。  キックオフからフェイズを重ねて攻め込むフランス。だが、黒い壁はほとんど崩れない。確かにボールは回すが、スペースを生み出すことができない。オールブラックスに隙がないのはもちろん、その上、グレアム・ヘンリーは、このチームを相当鍛え込んでいる。だが、スペースのない場所の「ドアを開ける」のが「フレンチ・フレア」のはず。テ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:11 AM

October 18, 2011

メタボリズムの未来都市展@森美術館
梅本洋一

[ architecture]

 六本木ヒルズの森美術館で「メタボリズムの未来都市展」を見た。  すごく驚いた! どれも巨大で、どれもナショナルで、どの企画も幻視的(illusionnniste)で、ほとんどのものがunbuiltで──つまり、幻視的であるがゆえに「机上の空論」なのか──、同時に、ほとんどのプロジェクトが極めて真面目に考えられていて、本当に驚いた。もちろん、unbuiltではないものでは、黒川紀章の中銀カプセルタ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:49 PM

ラグビーW杯2011──(11)セミファイナル(2)
梅本洋一

[ sports]

 オールブラックス対ワラビーズ 20-6  スプリングボクスのように力業だが単発で突破を試みるなら、ワラビーズも「我慢」できたのだが、オールブラックスのように組織的にアタックを組み立てられると「我慢」できない。ウィプーのキックが不調で、この点差に収まったが、誰の目にも明らかなように、オールブラックスの圧勝。もしダン・カーターがいて、SHがウィプーでなければ、もっと圧倒的な点差になったかも知れない。...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:02 AM

October 16, 2011

ラグビーW杯2011──(10)セミファイナル(1)
梅本洋一

[ sports]

 フランス対ウェールズ 9-8  「負けられない」セミファイナル。連戦の疲労が溜まってくるセミファイナル。こういうゲームはよくある。  まず負けたウェールズについて。17分のキャプテンの一発レッドは、ちょっと可哀相だったが、それでもクォーターファイナルの対アイルランド戦よりは、出来が悪かった。14人になってからは、クラッシュからリサイクルの連続で、細かいパスを連続させて、スペースを見つけていくウェ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:02 AM

October 10, 2011

ラグビーW杯2011──(9)クォーターファイナル(2)
梅本洋一

[ sports]

スプリングボクス対ワラビーズ 9-11  ゲームの時間のほとんどをスプリングボクスが支配し、フェーズを重ね、トライを狙っても、最後の最後でワラビーズが受け止めたり、スプリングボクスのエラーが出たりして、トライを取ることができなかったのが敗因。  キックオフ直後からのスプリングボクスのフルアタックを凌ぎ、ようやくめぐってきたワンチャンスをホーウィルがトライ。17分にはオコンナーがPGを放り込み0-8...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:22 AM

October 9, 2011

ラグビーW杯──(8)クォーターファイナル(1) 
梅本洋一

[ cinema, sports]

アイルランド対ウェールズ 10-22 理想的な組み合わせになったクォーターファイナルの第1戦。スタッツは、ポゼッション(54-46)でも敵陣22メートルに侵入した時間(14,51-6.34)でもアイルランドが勝っていたことを示すが、スコアは見ての通り。トライ数では1-3と上記とまったく逆の数字を示している。  もちろんラグビーは、サッカーとは異なり、スタッツの内容は勝負とは異なることが多い。だが、...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:00 AM

October 5, 2011

『5 windows』瀬田なつき
松井宏

[ cinema, cinema]

Stay Gold!    横浜の京急沿い、つまり大岡川沿いの黄金町界隈の屋外や屋内の各所に4つの小さなスクリーンが設置されている。それぞれで、瀬田なつき監督が撮った約5分の異なる短編がループ上映されていて、観客はまちを歩きながらそれぞれをめぐり見てゆく。そして最後は映画館ジャック&ベティにて、25分ほどのまとめヴァージョン(各5分のものを単につなげただけではなく、新たなショットもたくさん加えてひ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 2:01 AM

October 4, 2011

ラグビーW杯2011──(7) アイルランド対イタリア 36-6
梅本洋一

[ sports]

 前半のみを考えれば9-6という点差だったので、「我慢勝負」になるかと思ったが、アイルランドの見事なゲーム運びで大差になった。  戦術の統一、そしてメンタル面、アイルランドは本当に充実している。様々なチームからのセレクションではないので、まとめやすいのかもしれない。今回のW杯に出場しているチームの中で、もっともまとまっているのがアイルランドだ。誠実なタックル、どんなフェイズでも力を抜かない頑張り、...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 12:14 AM

Next >> 全部読む |  1  |  2