journal

« April 2009 | メイン | June 2009 »

Next >>  1  |  2  | 全部読む

May 30, 2009

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 恵みの居場所をつくる
梅本洋一

[ architecture, music]

 ウィリアム・メレル・ヴォーリズが日本の建築史に果たした役割は大きい。山の上ホテルや明治学院礼拝堂など見たことも入ったこともある彼の建築がぼくにもずいぶんある。近江八幡と彼との関係は、それなりに知っていたが、メンソレータムの近江兄弟社がヴォーリズと深い関係がある──というか、ヴォーリズ建築事務所がその主体の一部だったこと──は知らなかった。  YMCAや教会建築、そして関西学院や神戸女学院などの学...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:04 AM

May 29, 2009

08-09チャンピオンズリーグ決勝
FCバルセロナ対マンチェスター・ユナイティド 2-0
梅本洋一

[ architecture, sports]

 今シーズンのフットボールもW杯予選を除いてこのゲームとFAカップの決勝を残してほとんど終わった。昨年は、この後も、ユーロの苦行と快楽が待っていた。来年は、ここから南アフリカということだね。  そしてこのゲーム。バルサの完勝! 今シーズンは、何よりもグアルディオラとバルサのシーズンだったことを完璧に示した。確かに10分まではマンUも攻め続け、この間に3回めぐってきたロナウドのシュートが1回でもバル...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 5:59 AM

May 28, 2009

『夏時間の庭』オリヴィエ・アサイヤス
田中竜輔

[ cinema, cinema]

 『冷たい水』の美しさが、ふと目を離した瞬間に消え去ってしまうヴィルジニー・ルドワイヤンの纏う無垢≒フィクションの淡い色彩によって生み出されていたとして、しかし近年のアサイヤスの「女たち」によるフィルム――『DEMON LOVER デーモンラヴァー』『CLEAN』『レディ アサシン』――の基軸となるのは、「女たち」にとって、すでに失われてしまったルドワイヤンの「無垢」なるものを、どのように生きかえ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 1:20 AM

May 23, 2009

『夏時間の庭』オリヴィエ・アサイヤス
梅本洋一

[ book, cinema]

 満員の銀座テアトルシネマの上映後、銀座の舗道に出ると、背後からこんな会話が聞こえてきた。「あのオルセー美術館のレストランのシーンを見てたら、オルセーに行ったときのことを思い出したわ」「そうね。2年前だったわね」かなりの年長の婦人たちがそんな会話を交わしながら、銀座を歩いていた。  だが、とりあえずオリヴィエ・アサイヤスのフィルムで、映画館が満員になったことは良いことだ。このフィルムにはオルセーが...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 8:07 AM

May 22, 2009

『レイチェルの結婚』ジョナサン・デミ
茂木恵介

[ cinema, cinema]

 右ストレート一閃。よろけながら、反撃の左フック。リングサイドからリングを見上げ、反撃する選手の背中を興奮しながら見つめるセコンド。もちろんそんな「シーン」なんてないのだが、そんな「パンチ」はこのフィルムにはある。しかし問題は右目を腫らせる程のパンチが出てくることではなく、そのパンチが打たれる瞬間を見上げる形で見てしまったことだ。そして、それは誰が見ているのか。もちろん、それは観客であるわけだが、...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 2:08 PM

May 14, 2009

『四川のうた』ジャ・ジャンクー
梅本洋一

[ cinema, sports]

 こうした偽ドキュメンタリーというスタイルは、とりわけ、このフィルムの内容には合致している。8人の労働者たちが成都の420工場について語る、という構想は説得力がある。綿密に書き込まれたテクストと、おそらくかなりの時間をかけただろうリハーサル。挿入されている工場や成都の映像。「知的」という言葉がこれほど当てはまるフィルムを見るのは、本当に久しぶりのことだ。誰でもトリュフォーの『野生の少年』を思い浮か...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 1:13 AM

May 12, 2009

アーセナル対チェルシー 1-4
梅本洋一

[ cinema, sports]

 今シーズンのプレミアリーグも大詰め。今節を含めて残り3ゲーム。チャンピオンズリーグ準決勝で敗退したアーセナルの目標は、来シーズンのチャンピオンズリーグにストレートインできるプレミア3位以内の確保。そして現在の3位はチェルシー。非常に分かりやすい。  風邪のアルシャヴィンが欠場。左にディアビ、右にウォルコット、トップ下にセスク、ファン・ペルシの1トップ。セントラルにナスリとソングという布陣。最初か...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 1:59 AM

May 9, 2009

『ミルク』ガス・ヴァン・サント
梅本洋一

[ cinema, cinema]

 ぼくらが『エレファント』や『ジェリー』、そして『ラスト・デイズ』などに夢中になっていた時代──つまり、今からほんの少し前のことだ──、アメリカではガス・ヴァン・サントという固有名はまったく忘れられた存在になってしまっていた。確かにそうかもしれない。せっかくハリウッドでそこそこの地位を獲得したというのに、彼は『マラノーチェ』を撮ったホームタウンのポートランドに帰ってしまい、インディーズの映画作家と...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 4:22 AM

チャンピオンズリーグ08-09準決勝 2nd Leg
アーセナル対マンチェスター・ユナイティド 1-3 (1-4)
チェルシー対バルセロナ 1-1 (1-1)
梅本洋一

[ DVD, sports]

 イニエスタのシュートがツェフの左手をかすめてゴールネットを揺らした瞬間、スタディオ・オリンピコでの決勝はマンU対バルサに決定した。大方の予想通り。  だが、このゲームで健闘したのは、誰の目から見てチェルシーだった。ぼくだってバルサの圧勝を期待したが、ヒディンクは、ファーストレグと同じ戦術を採り、守ってカウンター。前半9分のエシアンのミドルが決まり先制。絶好の展開だ。バルサはプジョルの出場停止とマ...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 4:19 AM

May 4, 2009

『FAN』にせんねんもんだい
山崎雄太

[ music, sports]

 音の断片が新たに重ねられる度に、いままでその音が鳴っていなかったことが不思議になるのだが、その体験が35分間も続く。にせんねんもんだい約1年振りの新譜『FAN』は、表題曲一曲が収録されたものである。CDをかけると、ギター高田さんの短いギターフレーズがひたすら繰り返される。およそ3分間もの間繰り返されるモチーフに変化はなく、金属的なギターの音が響く・・・。「FAN」は、ホントにもうすごいのだけれど...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:00 PM

Next >> 全部読む |  1  |  2