journal

メイン

<< previous  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148  | all

天皇杯決勝 ジュビロ磐田VSセレッソ大阪

サイドの出来がチームの攻撃力を左右する。セレッソ大阪は明らかにそんなチームだ。3-5-2の右サイド酒本がジュビロ(こちらも3-5-2だ)左サイド服部に詰め寄る。センターラインを越えた辺りで奪ったボールを中央前線のバロンへ。ワンタッチで落としたところに走りこむ森島はシュート!ではなく逆サイド大久保へダイレクトパス。シュートこそ打てなかったものの、開始早々のこのシーンが、セレッソ唯一最大の攻撃パターン...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 10:22 AM

October 31, 2003

《再録》A letter made up of three woods with no names
衣笠真二郎

(2003年10月31日発行「nobody issue10」所収、p.28-31)  海が始まりだった。カメラが陸の上空を駆け、その果てを突き抜けたときそれはフィルムの名を告げた。文字のほかは海の青さだけのフィルムは、ふっと途切れ、また別の陸の上を斜めに飛び越していく。陸と海は交互に画面を満たし、入り組んだ半島群の上空をカメラが駆け抜けていることを知らせる。  海はまたしばらくしてから現れた。冷た...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 6:52 PM

《再録》ON THE LAKE
松井宏

(2003年10月31日発行「nobody issue10」所収、p.33-38) ということで  80年代中期から90年代にかけ、ハリウッドではサム・ライミ、コーエン兄弟、ティム・バートンらが「80年代世代」とも言うべき世代としてすでにその地位を確立しつつあったとしよう (少し後から考えれば、かもしれないが)。彼らはハリウッドの上の世代よりも、 少しばかりクールに、少しばかりフェティッシュに、少...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 1:24 PM

《再録》Back To The Future Studio
黒岩幹子

(2003年10月31日発行「nobody issue10」所収、p.33-38)  青山真治のフィルモグラフィーはここ2年でいままでの倍以上に膨れあがった。しかしここで重視すべきはその「量」ではない。あるいはその「多様さ」ですらないだろう。つまり、沖縄音楽、自動車会社タイアップのウェブシネマ、大学のPRビデオ、文芸もの、探偵ドラマのTVシリーズ、といった具合にいくらヴァラエティに富んだ企画(題材...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 1:18 PM

June 30, 2003

《再録》さまよう時間たち

『秋聲旅日記』青山真治

黒岩幹子

(2003年6月30日発行「nobody issue8」所収、p.56)  「そこの庭の向うに、その遠く下に犀川が流れるのを見ていると少なくともこの町にいる人間が時間をたたせるのではなくてたつものであることを知っていてその時間が二つの川とともに前からこの町に流れているという気がした」(吉田健一 『金沢』)  金沢シネモンド映画講座ワークショップの一貫として撮られた本作は、そういった制作背景を別にし...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:38 PM

《再録》犬が吠える

『月の砂漠』青山真治

結城秀勇

(2003年6月30日発行「nobody issue8」所収、p.50-52)  ティエリー・ジュスは「青山真治と以後の映画」(「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」XV 所収)と題する文章を次のように始める。「まずニーチェの言葉。『砂漠が大きくなる』」。  その砂漠の中で『EUREKA』(01)の3人の人物は「内部と外部の区別をすることなどない。内部が外部を覆いつくしているか、外部が内部を覆いつくし...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 9:25 PM

《再録》上原知子の顔

『あじまぁのウタ 上原知子ー天上の歌声』青山真治

志賀謙太

(2003年6月30日発行「nobody issue8」所収、p.53) ※WEB掲載及び著者の意向にあたり、タイトル含め初出より加筆修正したものとなります 「動かぬこと。/自ら任意の定点となって周囲を回転、または交錯させること......」(青山真治「交響」)  去年、新聞を読んでいてだか、テレビを見ていてだか、とにかく唐突に沖縄が「本土復帰」してから30年が経ったということに気付いて、意外に感...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 8:08 PM

August 23, 2001

《再録》2000年11月25日/2001年6月24日
澤田陽子

(2001年8月23日発行「nobody issue1」所収、p.24-29)  2000年11月末、パルテノン多摩で行われた多摩映画祭の先行上映会に足を運び、そこで『EUREKA』を見た。今が2001年の6月下旬だから、もう半年以上前のことになる。その日から半年以上経っているが、未だにその日のことは鮮明に覚えている。それはその日が私にとって、ちょっとした旅行のようなものだったからかもしれない。...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 11:01 PM

《再録》「忘れている」ことを忘れない_『月の砂漠』について
志賀謙太

(2001年8月23日発行「nobody issue1」所収、p.4-9) ※WEB掲載及び著者の意向にあたり、タイトル含め初出より加筆修正したものとなります  紀伊国屋書店から、新宿駅に向かってたらたら歩く。バカみたいに暑い。暑いうえに人通りが多くて、非常にうっとうしい。ようやくJR新宿駅の南口に辿り着くと、選挙カーの上で大声を張り上げるおじさん、おばさんに出くわして、興味はないが気が滅入る。小...全文を読む ≫

投稿者 nobodymag : 7:50 PM

<< previous all |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  |  63  |  64  |  65  |  66  |  67  |  68  |  69  |  70  |  71  |  72  |  73  |  74  |  75  |  76  |  77  |  78  |  79  |  80  |  81  |  82  |  83  |  84  |  85  |  86  |  87  |  88  |  89  |  90  |  91  |  92  |  93  |  94  |  95  |  96  |  97  |  98  |  99  |  100  |  101  |  102  |  103  |  104  |  105  |  106  |  107  |  108  |  109  |  110  |  111  |  112  |  113  |  114  |  115  |  116  |  117  |  118  |  119  |  120  |  121  |  122  |  123  |  124  |  125  |  126  |  127  |  128  |  129  |  130  |  131  |  132  |  133  |  134  |  135  |  136  |  137  |  138  |  139  |  140  |  141  |  142  |  143  |  144  |  145  |  146  |  147  |  148