JOURNAL

第77回カンヌ国際映画祭報告(1)ミトラ・ファラハニ インタビュー

「芸術」という言葉に身を委ねて 槻舘南菜子

『マグダレーナ・ヴィラガ』ニナ・メンケス 浅井美咲
『悪は存在しない』大美賀均インタビュー「森を迂回して」
『走れない人の走り方』蘇鈺淳 白浜哲
『ガザ=ストロフ -パレスチナの吟(うた)-』サミール・アブダラ、ケリディン・マブルーク 中村修七
『ラジオ下神⽩ーあのとき あのまちの⾳楽から いまここへ』小森はるか 結城秀勇
『ラジオ下神⽩ーあのとき あのまちの⾳楽から いまここへ』小森はるか監督インタビュー「贈る歌⇄受け取る歌」
『ヒノサト』飯岡幸子 結城秀勇
ダニエル・シュミット『デ ジャ ヴュ』デジタルリマスター版 山田剛志
『オッペンハイマー』クリストファー・ノーラン 三浦光彦

坂本安美の映画=日誌

Pourquoi la salle? なぜ映画館?|2022年5月「レザンロキュプティーブル」映画特集号より 坂本安美
ジャン=フランソワ・ステヴナン追悼特集 坂本安美
パリ滞在記〜第74回カンヌ国際映画祭 前夜〜② 坂本安美
パリ滞在記〜第74回カンヌ国際映画祭 前夜〜①雲の誘惑から、夜の果てへの旅 坂本安美
クロード、ミシェル、そしてロミー 坂本安美

INFORMATION

映画 『あずきと雨』5/18(土)より横浜シネマリンにて上映

映画『あずきと雨』キービジュアル.jpg本誌編集部員である隈元博樹の長編初監督作品
東中野、下北沢、高崎、別府に引き続き横浜での公開が決定

日程:2024年5月18日(土)〜24日(金)*1週間限定上映
会場:横浜シネマリン
詳細はこちら


【作品情報】
あずきと雨
2023年|日本|70分|アメリカン・ヴィスタ|カラー|5.1ch
監督:隈元博樹
脚本:久保寺晃一
出演:加藤紗希、秋枝一愛、望月綾乃、篠田諒、立川らく人、嶺豪一
配給:BOTA


『美しき仕事 4Kレストア版』日本初ロードショー&先行上映決定!

poster_JPG.jpeg5/31(金)の公開に先駆け、「横浜フランス映画祭2024」にてジャパンプレミア、また同日3/24(日)には「Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下」での先行上映が決定

『美しき仕事』
1998年/フランス/93分/ヨーロピアン・ヴィスタ
監督:クレール・ドゥニ
出演:ドニ・ラヴァン、ミシェル・シュボール、グレゴワール・コラン、リシャール・クルセ
配給:ツイン/グッチーズ・フリースクール
5/31(金)より、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下ほか全国順次ロードショー

*「横浜フランス映画祭2024」公式サイトはこちら
*3/24(日)『美しき仕事 4Kレストア版』公開記念|先行上映&監督来日トークイベントの詳細はこちら




★boidマガジン配信中★

爆音上映の企画や映画配給、書籍・音盤の製作を手掛けるboidがメールマガジンを配信中! 
多彩な連載陣が日常の中で生み出す批評、エッセイ、日記、映像、写真など様々な作品を発表しています。
https://magazine.boid-s.com

> more

CURRENT ISSUE

nobody MUG 9 SPRING 2024

02 Editorial
03 『 ゴーストワールド』 ここではないどこかへ向かって彷徨い続ける | 文 =金在源
06 『 ファースト・カウ』 オイリーケーキの甘さ | 文 =板井仁
09 『 枯れ葉』 まどろむ男とまなざす女――光と影のメロドラマ | 文 =山田剛志
11『 ミツバチと私』 名指すことと名乗ること | 文 =鈴木史
13 『 彼方のうた』「夢の涯てまで」『すべての夜を思いだす』撮影監督・飯岡幸子についてちょっとだけ | 文= 結城秀勇
16 後記・奥付

〈 取扱場所 〉※2024年3月時点

下高井戸シネマ
早稲田松竹(予定)

*現在お取り扱い店舗を探しております。ご希望の際は contact@nobodmag.com までご連絡くださいませ。